1st Ticket

Not for theatergoers

観劇リスト2019

*千秋楽が早い(早く終わる)順。 *「観劇」っぽいもの限定。舞台っぽいイベントやライヴ・ビューイングも含むかも含まないかも。 *** 【観るつもり一覧】 DULL-COLORED POP「福島3部作・一挙上演」 2019年8月8日〜8月28日 @東京芸術劇場・シアターイース…

​DULL-COLORED POP「福島三部作・一挙上演」/情熱を浴びるために​​

​『第二部 1986年:メビウスの輪』観ました。 http://www.dcpop.org/vol20/ 昨年『第一部 1961年:夜に昇る太陽』は観まして、福島の三兄弟が出てきますが、第一部は長男、第二部は次男、第三部は三男にフォーカスし異なる時代を描いた連作。(企画がおもし…

​燐光群「熱海殺人事件 vs. 売春捜査官」/つかこうへいであり、燐光群である

やーこんなことになるとは思わなかった。つかこうへいであり、燐光群だった。 これは全然、演劇初めて見る人じゃなくて、演劇つくる側の人向けの作品。自分だったら、つかをどうやるか?ってウズウズさせられるものだと思う。 ざっくりネタバレしますと。 「…

イデビアン・クルー「幻想振動」/井手さん好きです

​井手茂太さんのこと、直視できないくらい、永遠に見ていられるくらい、好きだな…。 衣裳がめちゃキュートだった! 井手さんの緑&花柄オールインワンは出オチ感すらあるインパクト、靴までデコデコピカピカしててカワイイ。 斉藤美音子さんは青のワンピース…

かもフェス/20分×5団体、しかも全国各地の精鋭!

かもフェス、たのしかった!これは毎年来たい。 20分✕5団体で、どこも全国各地の演劇フェスで優勝したようなところ。なんといっても…1000円!映画より安い!!ここ大事! 1つお気に入りを追っかけるほうでなく、いろいろお試しで見てみたいタイプなので、こ…

PARCO「世界は一人」/一人

さみしくて、可笑しくて、近くて、遠い。これは何だろう?「私」だったのだろうか。 自己愛と自己嫌悪を毛布にくるんで潜り込み、真っ暗になりながら空や海を見通すような。 幸福に導かれない物語を、音楽がなだめて誤魔化すような。 世界は一人。色々な気持…

mizhen「渋谷区神宮前4丁目1の18」/おわりちかづく

mizhen 裏参道フェス『おわりと、』 来週取り壊されるアパートの、最後の9日間に開催しているアートフェス。表参道のアップルの角曲がった先でこんなことが起きてるなんて。別世界への突入感凄かった。17日までで、開演21時の回などあり仕事終わりでも行きや…

【舞台の見方】#3 公演情報を探す

何かしら舞台を見てみたいが、 「どこで何をやっているのか、それをどうやって調べたらいいかわからない」という声をよく聞く。 そんな方は以下のメディアをチェックしてみてほしい。 <ステージナタリー> 非常に記事数が多く、ジャンルが広く、ニュースが…

ダイアログ・イン・ザ・ダーク・アット・ホーム

初めて参加したこちら。 日帰りの大阪出張で、お芝居ソワレを見るには終電が早く最後の17時の回に申し込んで参加した。 すると、一人だった! 不安だったらスタッフも入れますよ、と言われたがせっかくなので独り占めさせていただこうと単身参加。 まず前室…

【舞台の見方】#2 「舞台」にはどんなものがあるか(ジャンル)

舞台を見てみよう、と思ったとする。それは、例えばどんな作品でしょうか? 初めて見る舞台が劇団四季だった人もいれば、友達が出ている100席未満の小劇場演劇だった人もいるだろう。舞台はあまりにも種類が多く、一言で括るには混沌としている。 「舞台」「…

2018まとめ

今年は、なんといっても 運転免許をとりましたー!! 1月から通って、2・3月は予約が取れず、4月からまた通って、 2回仮免許に落ち、泣きながら7月に受かりました。まさかの半年がかりです。 しかし学生の時はお金惜しさに諦め、その後は時間惜しさに諦めて…

観劇リスト2018

【観てきた一覧】 [41] カタルシツ演芸会「CO.JP」 @六本木スーパー・デラックス [40] シス・カンパニー「日本の歴史」 @世田谷パブリックシアター [39] 新国立劇場「スカイライト」 @新国立劇場・小劇場 [38] iaku「逢いにいくの、雨だけど」 @三鷹市芸…

新国立劇場「スカイライト」/弱者のための武器

ロンドンver.の上映(NTLive)をすでに見ていたし、凄くよかったけど今回はやめとこうかなと思っていた、 ところがタイミングよくというか、転職して教師になった友人から「ちょっと行き詰っているから何か芝居にでも連れていって」という連絡があり。だった…

iaku「逢いにいくの、雨だけど」/ごめん、は自分への許しにもなる

シリアスだが、やさしいドラマだった。 子ども同士の事故の話、ということで「加害者もしんどい」「親もしんどい」くらいの予想はしてたのだけど。 親子だけでなく、夫婦、義理の兄妹、男女の親友、最近出会ったけど義眼の同志(?)など…さまざまな関係=絆…

庭劇団ペニノ「蛸入道 忘却ノ儀」/超常、原始、忘我の悦び

あ~失敗した!誰か連れてくるべきだった!わけわかんないまま観て「わけわかんなかったけど凄かった」って言わせられる貴重な作品。 儀式はフェス。舞台美術が劇場で、お堂と役者がまるごとでっかい楽器でその中に自分がいる。開演前タニノさんの「人間が進…

甥のこと③

甥自身の成長もまた、驚異的だった。友達や親戚の子どもが1年ぶりに会ったら大きくなっている、ことはよくあるが0歳から2、3か月おきに訪問すると、まさしくお猿さんからホモサピエンスの進化を早送り再生するようだ。 ひとり座り、ハイハイができるよう…

甥のこと②

甥が6ヶ月の時。 兄家族と私と母で、私の祖父母、つまり甥にとってはひいおじいちゃん・ひいおばあちゃんに会いに行った。 ふたりとも90代にしてとても元気に二人暮らししている。 しかし祖父のほうが目と耳が悪くなってきて、 「みんなが何を話しているかつ…

甥のこと①

ここ数年で一番影響を受けた人物は、甥かもしれない。 産まれたのは2015年、私は28才だった。 もちろん周りにも出産、育児している友達は多く、 兄の子が産まれたときも、他の子と同じく 素直に「おめでたい」というお祝いの気持ちと、 もう一つ「兄に子がで…

「台本を読む会」のこと②

さて「台本を読む会」。 もうちょっと手法の詳細を書いておくと ・台本は私が入手したものを人数分コピーして読んでもらう 3~5本ほど用意しておき、当日の顔ぶれと雰囲気で決める (3本冒頭だけ読んで、最後まで読みたいものを1本投票してもらったこともあ…

観劇リスト2017&まとめ

2017年の観劇数はなんと19本。 そもそも観劇量を減らそうとしてみたからだけど、 やっぱり20本を切ると、「今年のベスト」と評価されているものが観れていなかったりすることはままある。ツウと言うには弱いかんじだ。 あと本職では、4月新施設「渋谷キャス…

「台本を読む会」のこと①

2016年末「プロの完璧な芸術を観に行くこと」にとうとう飽きはじめてしまったと気づく。 それにしたがい「観劇をおすすめする」ことへの情熱も湧かなくなってしまった。ブログの趣旨…。汗 替わりに、以下のようなことを考え始めた2017年始。 ①未熟さのおもし…

観劇リスト2016&まとめ

2016年は合計37本。月3本ペースでした。 見逃したものや見送ったものも多くありましたが、 観劇が本職と関係ない独身サラリーマンとしては…やはりやや観すぎな数字な気がいたします。 2017年はもう少し減らして合計30本くらいでも良さそうだなと思っていま…

観劇リスト2015/(完)ちょうど50本でしたm_ _m

【観てきた一覧&関連記事】 [50]ホリプロ「熱海殺人事件」 [49]劇団チョコレートケーキ「ライン(国境)の向こう」 [48]ナイロン100℃「消失」 [47]鳥公園「緑子の部屋」 [46]A.P.チェーホフ記念サハリン国際舞台芸術センター(チェーホフ劇場)「素晴らしい…

ナイロン100℃「消失」/虚しくて涙も出ない

「どんどん壊れていくのに、新しく生まれてはこないんですよね」 という台詞が秀逸で、絶望を串刺しにして一皿にまとめたみたい。今年はもう悲しい作品は見れそうにない気分…。 でもまた再演されるだろうな。SFがフィクションでなくなっていく、しかも望んで…

mizhen「夜明けに、月の手触りを」「Sの唄」「愛の漸近線」/女の幸せについての新しいポジティブ

「いちばん注目している若手劇団は?」と聞かれたら 「ミズヘン!」と答えています。 ひょんなことから所属女優の佐藤蕗子さんと知り合いまして、 まず「Sの唄」を観ました。 (公式HPより/撮影・高倉大輔) これがもう、凄まじかった。 脚本も俳優も演出も…

鳥公園「緑子の部屋」/誰も、誰かのすべてを知らない

もし私がいなくなって、なぜか兄と元彼と中高の友達が集まってしまったら、こんな風に「あいつってそういうとこありましたよね」なんて話をして、わかったりわからなかったりするのかなあ(でもきっとそんなことはないだろうなあ)と、思いました。 今まで言わ…

「Burlesque」/女性の身体が世界で一番美しい

アートが一番盛り上がる秋シーズン・・・ 超満喫してるうちに楽しんでるうちにあいてしまいました。。 特に9月・越後妻有トリエンナーレでボランティアしたり 11月・韓国 光州&ソウル大学路に劇場視察行ったりと 膨大にネタがある分 まとめきれず。 とり…

「だれも知らない建築のはなし」/絶望的な前向き

「だれも知らない建築のはなし」@シアターイメージフォーラム <a href="http://ia-document.com/" data-mce-href="http://ia-document.com/">映画「だれも知らない建築のはなし: Inside Architecture -A Challenge to Japanese Society-」公式サイト(監督 石山友美)</a> やーこれは・・・ 絶望的におもしろかった! 思ったよりわかりやすく…

小屋付きスタッフの専門領域

イベントスペースの管理運営スタッフ、 すなわち「小屋付き」が本職のため、 上司からこんな書籍を授けられました…。 黄色いほうが全640P 上司がディベロッパー関係の仕事を始めた時に頼りにしていた本で、「1日一章読んだら一年くらいで読めるから」と言わ…

国立新美術館「隣の部屋」「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展」

休日勤務が多い自分は平日OFFも多い。 月・火ではあいにくと休館日・休演日と重なってしまうことも多いけど、 水・木が空いたなら、行くべきはぜったいミュージアム系! 私は国立新美術館が大好きなんだ。 このトラスと、吹き抜けと、打ちっぱなしな! (↑建…