1st Ticket

Not for theatergoers

【舞台の見方】 #1 目次(仮)

一年半前の記事でも書きましたが↓

期待とのギャップが起きやすいんですよ…。

 

演劇は、初めて観る時に、がっかりする確率がものすごく高い、バクチなエンタメだと思います。

それは試聴や予告編映像などがあまり出回っておらず、いや出ていたとしても、舞台本番で得られる体験を誰もがそっくりプレビューできるレベルに至ることはほとんどないからです。

どんな舞台になりそうかは、限られた情報を元に、想像するしかありません。

そして想像が、実物とかけ離れたものでないためには、想像する側、観る側にコツが必要です。

 

また、誰にとっても面白い作品というのはありません。

『誰もが絶賛した名作!』といえど、あなたが気に入らないことは大いにありえます。好みは人それぞれ。自分に合ったものとだけ出会えればいいと思います。

 

そんな、観るべきものと出会うコツ、楽しみ方のポイントについて、『舞台の見方』というくくりで記事にしていきたいと思います。

 

こんな感じのことを書く予定です。

 

【“舞台の見方” 目次(仮)】

 ●「舞台」にはどんなものがあるか(ジャンルのこと)

 ● 公演情報を探す(サイト、雑誌、チラシ、クチコミ)

 ● フェスティバルに行ってみる

 ● 劇場を好きになる

 ● カンパニー(劇団やプロデュース体)を好きになる

 ● 劇作家・演出家を好きになる

 ● キャスト(俳優)を好きになる

 ● スタッフを好きになる(美術、衣裳、音響、照明、映像、振付)

 ● チケットを買う

 ● 感想を読む、シェアする

 ● 作品を深く知る、参加する

 ● 再度見る

 ● 舞台映像を見る

 ● 戯曲を読む

 

あと他に、

【“舞台の見方” ―番外編― 目次(仮)】

 ● 舞台製作の流れを知る(企画、キャスティング、広報、チケッティング、稽古、仕込み・場当たり・ゲネプロ、本番、バラシ…)

 ● 地方で舞台を観る

 ● 海外で舞台を観る

 ● 舞台にまつわるアワード

 

とかも書くかもしれません。

なるべくコンパクトに。